キャンパスの枝垂れ桜

大学のキャンパスにこんどは綺麗な枝垂れ桜が咲きました。といってもこれは4月の22日に撮影したもの。日本に行かずともサクラが楽しめるのがたまらなく嬉しいです。
c0135045_3294979.jpg
c0135045_3301747.jpg
キャンパスに緑も戻ってきました。
c0135045_3304456.jpg


今日、5月1日も朝からすばらしいお天気。やっと玄関前のネコの額ほどのガーデンの手入れと裏のポーチ周辺を掃除。枯葉を集めたり、植木を移し替えたり。。。土を掘ってはミミズを見るたびギャ〜と一声。朝から汗をかくような一仕事でした。エンピも手伝ってくれるっていうから一緒にお外に出たのに好き勝手なことばかりして役立たず。

エンピ、あたたかくなったね〜♡
c0135045_3331269.jpg

[PR]
by empiK | 2010-05-02 03:35 | Portland, Maine | Comments(12)
Commented by Jelly Bean at 2010-05-02 04:42 x
あ~、桜がきれい。今年は例年よりも早いですよね。うちも今朝は裏を耕してました。あ~、くたびれた。ビールがおいしい季節になりましたね。
Commented by アズキ at 2010-05-02 17:07 x
桜、きれいですね~♪
やはり春になるとキャンパスが明るくなる感じ。
心も弾みますね。エンピ君も喜んでいるでしょう!!
Commented by ニャウリ at 2010-05-02 18:00 x
綺麗なしだれ桜ですね!やっぱり日本人には桜ですよね。
私も今年は新潟だったので、満開の桜を見逃してしまいました。
寒くて新潟でも4月16日までは満開じゃなかったの。
人生で初めてだったので、やっぱり桜は不可欠だなって思いました。
Commented by aitoyuuki32 at 2010-05-02 18:09
うんうん、日差しがとっても優しくなってきてますね(^_^)

メインでもこんな桜があるんだね。
Commented by つむぎ at 2010-05-03 07:49 x
いよいよ春本番ですね!
桜と芝の緑が綺麗!
エンピちゃんもとっても嬉しそうです。

↓のイベント、楽しそうですねー。ちょっとした万博みたい♪
Commented by empiK at 2010-05-03 07:56
Jelly Beanさん、
本当、今年は春が早くやってきましたね〜!昨日は庭掃除で今朝お恥ずかしいことに体中が痛くてまいりました。アハハ!実は昨日久々にビールを飲んでおいしいなぁ〜と思っていたところでした。
Commented by empiK at 2010-05-03 07:58
アズキちゃん、
本当、エンピもおかげさまですっかり元気になりました。変な行動もまだありますが、80%ぐらいは元にもどってきています。
暖かいってやっぱりいいですねぇ〜。
Commented by sansenkiso at 2010-05-03 07:58
枝垂桜の背景がお寺ではなくて洋館建とはやはりメインですね。
美しく咲きましたね。
そちらではお花見なんてないのでしょうか。
Commented by empiK at 2010-05-03 08:00
ニャウリさん、
サクラ、今年は見逃してしまったのですか。タイミングが悪かったようですね。でも来年はしっかりお花見してください!
メイン州でサクラを楽しめるのでとっても嬉しいけれど,やっぱりサクラは日本で見るのが一番かも。
Commented by empiK at 2010-05-03 08:03
aitoyuukさん、
最近は週末のお天気がいいよでエンピと朝のお散歩が楽しめます。
メイン州にもけっこうサクラの木があるのでちょっとびっくりです。こんな身近でサクラを楽しめるのでとっても嬉しいけれど,やっぱり日本のほうが情緒ありますよね〜。
Commented by empiK at 2010-05-03 08:06
つむぎさん、
エンピはお天気がいいせいか最近は機嫌がいいです(笑
街もいろいろな花が咲きだして、とってもカラフルになりました。そして新緑がたまらなく素敵です。
タイガーフェスティバル、大成功に治まりましたが、企画、準備がけっこう大変でした。来年はテーマを中近東にしようという話がでていますが、どうなるか。
Commented by empiK at 2010-05-03 08:08
sansenkisoさん、
確かにそうですね!やっぱりサクラは日本の風景が一番似合うような気がします。お花見は日米協会のイベントとしていつも5月末〜6月ぐらいにリンゴの花の下で行いますが、私はまだ一度も参加したことがありません。
<< ポーツマスで一休み あっという間の一週間 − Ye... >>