雪の日のセーラム

ノースステーションから、朝9時30分発の電車にのってセーラムへ。この日は朝から雪が降っていましたが、予定は変更せず。
c0135045_494411.jpg
c0135045_495830.jpg
c0135045_41859.jpg
ボストンから約30分でセーラムに着きました。駅は無人駅。あまりにも駅らしくなくて気がついたら写真もとっていなかった(笑)この日の目的の場所ははアメリカの作家、ナサニエルホーソンの小説「七破風の家」のモデルになったThe House of Seven Gables。
途中セーラム/マリタイム国立歴史地区を通りすぎました。1700年代後半あたりからここは港町として栄えたそう。
c0135045_4175682.jpg
立派なCustom House もありました。
c0135045_4183351.jpg
Custom Houseの近くにあるお家も素敵。
c0135045_4532823.jpg


そして七破風の家に到着。1668年に建てられた家だそう。それほど待たずにツアーに参加できたのがラッキーでした。
c0135045_419272.jpg
残念ながら家の中は撮影禁止で写真が撮れなかったのですが、部屋の中を暖かく保つために天井が低くかったり、この時代の独特なキッチン、思いがけない所に狭い隠れ階段があったりとか、なかなか見所がたくさん。ガイドさんもとても丁寧に説明してくれました。この頃の女性の死亡原因第一は難産によるもの、そして第二がキッチンでの事故だったそうです。キッチンに吊る下がっている鉄の鍋が50パウンドの重さ(約22,3Kg) もあるそうでそれを使ってお料理していたのですから、この時代に生きていた女性は本当に大変だったことを想像します。そして、冬は寒いなんていうものではなかったんでしょうね。。。
c0135045_4285164.jpg



c0135045_4372482.jpg



c0135045_4374910.jpg


ホーソンの生家。
c0135045_4543472.jpg


ランチを食べている最中にエンピパパから連絡あり。。。風邪がこじれてひどい症状になってるとのことで、急遽予定を変更。。。ボストンでもう一泊のはずだったのですが、わたしだけ夕方帰ることに。Hさん本当にあの時はごめんなさい。少し風邪気味だった私も、結局次の日から風邪がひどくなってしまい、昨日あたりからやっと楽になってきました。どれもこれも全部エンピ・パンジャパパのせい(笑)
[PR]
by empiK | 2013-02-24 04:56 | Massachusetts | Comments(8)
Commented by Jelly Bean at 2013-02-24 10:29 x
風情があってとってもいい写真ですね。1-2回しか行ったことのない場所ですが、とてもHistoricですね。パンジャパパさん、きっと淋しかったのもあるのでは??
Commented by LimeGreen at 2013-02-24 20:43 x
私も大分前に行ったことがあります。ダンナがGloucesterに行きたがったので、それと一緒にしてSalemにも。あの町、雰囲気がどよーんとしてますよね。別に人が雰囲気悪いわけじゃないのに。何故だろう。なんか町自体に「何かが憑いてる」って感じだったです。魔女裁判で亡くなった人たちかなぁ、やっぱり。

ご夫婦とも今は具合よいのでしょうか?だったらいいんですけどね…。大変でしたね。
Commented by empiK at 2013-02-24 23:02
Jelly Beanさん、
このまちを訪ねるたびに少しずついろいろな面が見えてきて面白いです。今回初めて電車でここに来ました。雪の降る中散策しましたよ。パンジャパパは病気になるとすごく気が弱くなるんですよ。。。まったく(笑)
Commented by empiK at 2013-02-24 23:06
LimeGreenさん、
おかげさまで風邪のほうはかなりよくなりましたが、完治までにはまだもうちょっとというところです。セーラム、そんな感じうけましたか? 10月前に行った時はずいぶんやすっぽいお店が並んでるなぁ、という印象でしたが、今回はまた違ったセーラムを観ることができてたのしかったです。
Commented by mamicha2 at 2013-02-25 07:00
同じ時期に体調崩していたんですね〜
私もまだ咳が抜けず、絶好調!とは行きませんが、それ以外の
不快な症状は治まり、食欲だけが先行(笑)
大事を取って家でゴロゴロが多い中、体重増加が心配の種。
年のせいか、完治が長引くこの頃です。
完全復活、一日も早く訪れますように!
Commented by yaya-koro at 2013-02-25 11:54
雪のステーション、ステキですね~。
アメリカの都市の区別ってよく分からないのですが、
ボストン、重厚感があってステキなところですね。
風邪でパパさんに呼ばれちゃったのですね。
男の人って。。。(笑)
女性なら、自力で頑張るような気がします^^;
うちのダンナも病気すると、すごく大げさなので
お気持ちお察しします。
Commented by empiK at 2013-02-25 13:06
mamichaさん、
まみちゃさんもまだ完全に治ってるのではないのですね。本当に今回の風邪は治りが遅くてちょっとまいっています。それでも食欲だけはしっかりあるっていうのは、どういうことでしょう!私もmamichaさんみたいに体重がとっても心配で体重計にのれません(笑)
Commented by empiK at 2013-02-25 13:12
yaya-koroさん、
本当、私が帰ったからといって特に何もするわけではなかったのですが、パンジャもひもじい思いをしていたようで、普段の半分以下しかごはんもらってなかったようでした、まったく(笑)
ボストンは春が一番きれいだと思います。いつか訪ねてみてくださいね!セーラム市はボストンから電車で30分ぐらいの所にある小さな街です。
<< 今日も雪 ボストンの朝 >>