ピィボティエセックス博物館

9月4日の日曜日は3連休のど真ん中。お天気もよかったので、久しぶりにエンピパパとマサチューセッツ州にあるセーラムへ。ここにあるミュージーアムには大森貝塚を発見したエドワードSモース氏(1838年、メイン州ポートランド生まれ)が日本から収集してきた、ありとあらゆる民具が収蔵されています。かなり前にエンピパパと訪ねたときにはそのコレクションがたくさん展示されていて、たとえば看板とか、道ばたにあるお地蔵さんとか、ゲタとか、こんな物まで持って来たのかと驚く物で一杯でした。
c0135045_0492099.jpg

c0135045_0473244.jpg

10年ぶり?に訪ねたこの博物館、なんだかすっかりモダンになり、江戸時代から明治にかけての1万4000ほどあるモースコレクションもごくわずかしか展示されておらず、ちょっとがっかり。その代わり中国のコレクションが多く展示されていました。それでも日本のセクションにはこんなものが。

江戸時代に使われた女性用の籠。なんでも丹南藩の高木大名の奥方が使われた籠だそうです。それにしても昔の人は小さかったのですね。
c0135045_0194578.jpg

どうしても動物がモデルになっている陶器に目がいってしまいます。
将棋盤の上の中国人の男の子と犬。
c0135045_0341948.jpg

招き猫(19世紀)
c0135045_03524.jpg

猫の親子(19世紀)
c0135045_0361546.jpg

虎(19世紀)
c0135045_0371061.jpg

by empiK | 2011-09-12 00:51 | Massachusetts | Comments(12)
Commented by Jelly Bean at 2011-09-12 01:15 x
すごい豪華な籠ですね~。それにしても、ネコがちっともかわいくない....なぜ??
Commented by empiK at 2011-09-12 02:00
Jelly Bean さん、
アハハ!確かにあまり可愛くないですよねぇ〜。この他にサルや犬があったのですが、もっと醜いのでアップするのやめときました(爆)
Commented by アズキ at 2011-09-12 10:29 x
こんな博物館、知らなかった~。
それにしても籠、素敵だね。
江戸時代の職人さんとかって凄いなぁーー。
Commented by Mikan at 2011-09-13 02:25 x
いつでも行けると思いながら、未だに行ってない美術館です。モースコレクションがあまり展示されてなかったのが残念だね。モース特別展とかやったりするのかしら?
Commented by falmouthME at 2011-09-13 09:16
今度行ってみます。
大森貝塚発見のモース氏のジェネレーションが今も、しっかりとメインに生存されている事を先日新聞で知りました。品川区との交流、ますます盛んになると良いですね〜。
Commented by empiK at 2011-09-13 12:01
アズキちゃん、
あれ、昔行かなかった?けっこう楽しめましたよ。一番印象に残ったのがやっぱり籠かなぁ。
Commented by empiK at 2011-09-13 12:03
ミカンちゃん、
そうなんだよね、近いとけっこういつでも行けるからって思って、結局いかないままとか。こんどモースの特別展みたいなものがあったら是非また行ってみたいです。あと今回見学できなかった昔のままの中国の古い家。オリジナルをもってきたそうで。。。でも前もって予約していかないとだめみたいよ。
Commented by empiK at 2011-09-13 12:07
falmouthMEさん、
是非今度訪ねてみてください。そうそうモースを曽祖父に持つ方と先日一緒に食事しましたよ(笑)
Commented by mamicha2 at 2011-09-13 18:27
籠は凄いですね~。
これって寄贈だったのかしら?それとも買ったんだろうか?
などと下世話な事を考えながら眺めてしまいました(笑)
Commented by sansenkiso at 2011-09-14 09:00
収集品は随分古いものばかりのようですね。
日本人の私が見ても陳腐な作品ばかりで悲しくなります。
真の日本の文化や芸術を披露して欲しいですね。
Commented by empiK at 2011-09-14 11:22
mamichaさん、
ウフフ、私も一瞬同じこと考えました。おそらく寄贈だと思いますけど...
Commented by empiK at 2011-09-14 11:25
sansenkisoさん、
陶器はまぁそれほどでもなかったですけど,根付けなどはなかなか面白い物がたくさんありましたよ。
<< セーラムの街 リスの見張り番 >>